害虫駆除で苦情ごと根こそぎシャット~コウモリ・シロアリおさらば~

害虫との戦い

床や壁から軋む音が頻繁に聞こえたらシロアリの仕業かも知れません。念のためシロアリ駆除を専門とする業者に無料調査をお願いするのがおすすめです。

害獣駆除で見られる移り変わり

戦後から今日に至るまでの日本は、世界的に見ても生活が豊かとなり、植物や動物にとっても比較的生息しやすい環境と言えます。殆どの地域では、四季に適応した動植物が生息しています。近年においては、外来種が持ち込まれ、そのまま野生となった動物も多く見られ、その数も増加する傾向にあります。このような動物たちは、害獣となる場合が多く、害獣駆除の対象となっています。害獣とは、人間に害をなす哺乳類のことで、日本に古来から生息する害獣は、ネズミ・クマ・イノシシなどが、それに該当します。これらの害獣は、人間による自然環境の破壊で、住処を追われたことが原因となっている場合もあります。このように、どの時代でも行われてきた害獣駆除は、人間自身が原因を作り、それを人間自身が処理をする、というパターンが見られるようになってきました。

今後の予測される動向

害獣駆除で注意することは、現在の日本における鳥獣類は、法によって保護されている種が殆どで、許可のない駆除は罰せられる可能性があるということです。そのため、害獣駆除は個人では行わず、駆除に関わる知識や経験を持った、駆除を専門に扱う業者によって、処理されることが多くなってきました。人間の手によって持ち込まれる害獣は、環境に適応して、今後も種類と数が増え続けることが予測されます。外来種などの場合は、その場所の生態系を喰い尽くし、環境までも壊す可能性が高くなります。また、新たな害獣によって病気も持ち込まれ、在来種の動物だけではなく、病気の害が、人間にも広がる可能性を持っています。そのため、新たな害獣に対抗する、害獣駆除知識の新規取得と、これまでに無かった対策の必要性があることも考えられます。

全国どこにでもいる

コウモリはゲームや漫画などの影響で洞窟の中にいるというイメージを持たれていますが、都会の街にも普通に生息しています。糞害などの被害にも合うことがあるので、近くに住み着いていたら駆除した方が安全です。

Read More

クロよりシロが酷い

アリにはクロアリとシロアリがいますが、シロアリの方が深刻な被害を出す害虫です。家の耐久性を下げることになるので、住まいがボロくなりやすく、家屋崩壊の危機になることも考えられます。

Read More

巣だけじゃ意味がない

シロアリの被害は昔よりも増えているのが現状です。シロアリの駆除は巣の破壊だけでなく、シロアリそのものを駆除する必要があるので、専門の業者に依頼した方が安全確実な手段となります。

Read More

Related Sites

  • 害虫駆除navi

    害虫駆除をするときは、事前調査を無料で行なうプロを選びましょう。過ごしやすい住まいを叶えられますよ。
  • シロアリ110番

    住宅の劣化を招いてしまうリスクがあるシロアリは早めに駆除しておく必要があります。専門の業者に相談しておこう。
  • シロアリ駆除隊

    プロがすぐに駆け付けてくれます。シロアリ駆除業者なら、電話後すぐに現場に急行して調査をしてくれます。
  • アリ駆除navi

    蟻駆除を専門的に行っている業者がこちらになります。1年間の保証付きとなっているので万が一再発生してもすぐに対応してくれます。