害虫駆除で苦情ごと根こそぎシャット~コウモリ・シロアリおさらば~

クロよりシロが酷い

シロアリについての基礎知識

アリにはシロアリとクロアリがいますが、昆虫の種類としては全く別の種類となります。クロアリは蜂の仲間でありさなぎから成虫になる完全変態と呼ばれルものに対して、シロアリは幼虫から直接、成虫になる不完全変態と呼ばれるものになります。昆虫の中の分類としては、ゴキブリに近いと考えられています。5月から7月が幼虫から成虫になる時期となり、いっせいに羽アリが巣から飛び立つのはこの頃となります。家にシロアリがいるかどうかを直接確認することは難しいことなのですが、もしもこの時期に羽アリをたくさん見かけることがあればシロアリがいると疑うことも出来るといえます。シロアリや成虫の羽アリは、クロアリと見た目は全く異なります。クロアリは、くびれがあるのですがシロアリは、頭と胴体だけでくびれがなく太い状態となります。

家に寄せ付けないために注意することとは

家の軒下や床下などにシロアリがいるかどうかを直接確認することは、とても難しいといえます。家の壁が古くなって少しでもヒビが入ってしまうとそこから雨が浸入してしまい壁の内部に湿気がこもることになってしまいます。シロアリは、湿気を好む生き物なのでほんの少しのヒビでも早めに修理をすることが大切となります。家の床が歩くたびにへこんでくるようになった場合も注意が必要となります。床下が古くなり湿気があればシロアリがいるかもしれないのです。また、家の周りに廃材を置いたままにしていることもあまりよくありません。特に、家の基礎の近くに置かないことが大切となります。木材から直接、基礎部分に侵入する可能性があるからです。家の周りや壁、床下の様子をよくチェックして、シロアリが入りにくい環境にすることです。